ウッドデッキの維持について

木を腐らせない

ウッドデッキを設置した際には、
「このウッドデッキを、出来るだけ長期間維持していきたい」と考えている方も多いと思います。

 

ウッドデッキの設置は、決して安い費用ではありませんから、
「出来るだけ、大切に維持をしていきたい」と思っている方も多いのではないでしょうか。

 

では、ウッドデッキを長く維持するために必要となる
木を腐らせない方法をご紹介しましょう。

 

ウッドデッキを設置する際、天然木を選ぶ方が多いと思います。
せっかく設置するのであれば、「自然のものを選びたい」と思われる方が多いでしょう。

 

しかし、天然木となると、
「腐ったりしないのだろうか?」と心配になる方も多いのではないでしょうか。
ウッドデッキは、雨などにもさらされてしまいますから、腐りというのは心配ですよね。

 

ウッドデッキに用いられている木を腐らせないためには、
腐りの原因となる湿気から守ることが必要となります。

 

「でも、外だから気を付けようがないのでは?」と思われる方も多いと思いますが、
ウッドデッキを設置した際には、ウッドデッキの床下の換気に気を付けることが必要。

 

床下を乾燥させた状態に保って行くことで、土台の腐りを防ぐことが出来ますから、
ウッドデッキの持続なども良くなるはずですよ。

 

このように、ウッドデッキを維持させるためには、
木を腐らせない様に工夫していくことも大切。
木を腐らせないためには、まずはウッドデッキの床下に注意し、
換気などを行っていくと良いでしょう。
 
こういったケアを定期的に行っていくことで、
ウッドデッキを長く維持していくことが出来ますよ。

シロアリ対策

戸建の方の中には、
「ウッドデッキを設置したけれど、シロアリが不安」
と感じている方も多いのではないでしょうか。

 

シロアリは、家全体を壊してしまうくらいの力を持っていますから、
天然木を用いたウッドデッキを設置した方にとっては、
不安を感じている方も多いでしょう。

 

出来ることなら、事前にシロアリ対策を行っておきたいものですよね。

 

では、ウッドデッキのシロアリ対策について、ご紹介しましょう。
まず、シロアリ対策をするためには、木を腐らせないことと同様に、
常に木材を乾燥させた状態にすることが必要となります。

 

しかし、ウッドデッキの場合には、外の設置されていますから、
雨などにも当たり、乾燥状態を維持することは出来ませんよね。

 

そんな時には、ウリン材などを用いてウッドデッキのメンテナンスを行っていくことがおすすめ。
ウリン材を用いることで、木の腐れなどを防ぐことが出来、
シロアリなども予防することが出来るんですよ。

 

ウリン材の中には、ポリフェノールが含まれていることから、
シロアリだけではなく、様々な害虫を寄せ付けない効果を得ることが出来るんですよ。

 

「どうやって、メンテナンスをすれば良いのだろう?」と思われる方もいると思いますが、
こういったメンテナンスは設置業者で行ってくれるところが多いですから、
一度相談してみると良いですよ。
 

 

このように、ウッドデッキ設置後にはシロアリが気になっている方も多いと思いますが、
シロアリ対策をしたいと考えているのであれば、
定期的なメンテナンスを行っていくことが大切となるでしょう。

更新履歴