菌の発生

菌の発生

お金をかけ、理想的なウッドデッキを設置した方の中には、
「いつまでも、この状態を維持したいなぁ」と思っている方が多いと思います。

 

しかし、ウッドデッキは自然の木で作られていますし、
設置場所が外となるため、どうしても痛みがひどくなってしまいます。
時には、菌などが繁殖してしまい、木を腐らせてしまうこともあるんですよ。

 

では、ウッドデッキの菌の繁殖について、ご紹介しましょう。
「そんなに、ウッドデッキに用いられている木は腐ってしまうのだろうか?」
と不安に感じる方も多いと思いますが、
雨などで濡れてしまったからと言って、すぐに腐ってしまうことはありません。

 

通常は、雨の日の後には晴れの日などもありますから、
太陽に当たることで木材全体が乾きますから、腐ることはないでしょう。

 

しかし、湿気がある状態が続いてしまった場合には、
その木材の中に木材腐朽菌という菌が発生してしまい、
この菌が増殖してしまえば、木材が腐ってしまうことになります。

 

菌が増殖すると、今まで以上に水分が吸収しやすい状態となってしまい、
木材の内部はほとんど乾かない状態となってしまい、腐れを起こしてしまいます。

 

菌が増殖してしまった場合には、一気に木材の腐りが進んでしまうことになるでしょう。
ということは、菌の増殖を防ぐためにも、換気が必要ということ。

 

このように、ウッドデッキの木材は菌が繁殖することでも、木を腐らせてしまいます。
菌の増殖を考えても、シロアリ対策を考えても、
やはりウッドデッキを維持するためには
木材の湿気状態を続かせないことが重要となります。
ウッドデッキに関することならワールドフォレストhttp://www.worldforest.jp/