油性と水性の塗料

油性と水性の塗料

「ウッドデッキのメンテナンスは、定期的に行うためにも自分で行っていこう」
と考えている方もいると思います。

 

最近では、DIYなども流行ってきていますから、
「メンテナンスくらいは、自分で行ってみよう」と思われる方もいるでしょう。
ホームセンターなどで、塗料を探している方もいるのではないでしょうか。

 

そんな方の中には、
「油性の塗料と水性の塗料は、どちらが良いのだろう?」
と迷われる方もいるのではないでしょうか。

 

では、ウッドデッキのメンテナンスに用いる油性と水性の塗料について、ご紹介しましょう。

 

実は、以前までは木材保護塗料というと油性のものが主流となっていました。
しかし、現在では水性のものも販売されているため、
「どっちが良いのだろう?」と迷われる方も増えてきています。

 

「どう違うのだろう?」と思われる方も多いと思いますが、
水性の場合には塗装後に水洗いなどで処理が出来るという利点があります。

 

メーカーでは、「どちらの塗料も、それほど効果は変わらない」と言っていますから、
水性の方がその後のメンテナンスなども行いやすいかもしれませんね。

 

しかし、油性も同時に販売しているということは、
中には「油性の方が使いやすい」「油性の方が、効果がある」
と感じている方もいるということですから、
それぞれの使い勝手に合わせて選ぶと良いのかもしれません。

 

初めてのメンテナンスの方であれば、
水性を選んだ方が無難かもしれませんね。
 
このように、ウッドデッキのメンテナンスは塗料などを使って、
自分で行うことも出来ますが、
その際は油性と水性の塗料があるため、それぞれの好みで選ぶことが出来ます。